Melodic Metallic Melancholic

所有音源(主にMelodic Hardcore)のレビューをしています。つたないブログですがCD購入の参考にしていただけたら幸いです。小規模ディストロも始めました。

Home  >  2010/06
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  Band紹介
tag : 
現在諸事情により手元にほとんどCDがないため、この機会にバンド紹介をしたいと思います。

ぜひご試聴ください。

ever since darwin
Band:EVER SINCE DARWIN
County:Australia
myspace
ポリティカルなメッセージ性の強いバンドみたいで、歌詞の一部がmyspaceに記載されています。落ち着きのある音で聴きやすいです。


nectar.jpg
Band:NECTAR
County:Australia
myspace
懐かしい音ですね。メロディや歌いまわしがどことなくSubsterっぽいです。


the arrangement
Band:THE ARRANGEMENT
County:Netherland
myspace
なかなかアグレッシヴで今っぽい。2008年のdemoをフリーダウンロードできます。現在レコーディング中なのかな?

スポンサーサイト
Category :  数字
tag : 
IMG_0283.jpg

From エクアドル

オススメ度★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★☆☆
哀愁度★★★★

先日ディストロした69 SEGUNDOSのEP、Plan Bです。

実は私もCDが届いてから始めて聴いたのですが、正直驚きました。

たった4曲しか収録されていないのですが、この4曲が、どれもヤバイんです。

何がヤバイかって、暗さと哀愁感です。

選りすぐりの4曲なのでしょうか、いずれも1曲5分程度とかなり長く、展開も凝っていますね。

イントロや間奏はもう哀愁の不法投棄状態です。

高い金出して買った甲斐がありましたよ。チープなペーパースリーブなので、折れ曲がらないよう細心の注意を払って保管したいと思います。まぁ到着時点でボロかったですが^^;

買ってくださった方、本当にありがとうございます!そしてチープなのに高くなってしまい申し訳ございません><

Category :  ランキング
tag : 
Classic Endさんに続き、私も上半期のランキングを公表したいと思います。

今年は新作を沢山買ったので、2010にリリースされたものに絞ってみました(EP含む)。

それでは、どうぞ~!

Best.5
DRUNKTANK - The Infamous Four
drunktank.jpg
国内盤を待てずに買っちゃいました。国内盤はボートラ5曲入るそうなので、持っていない方はしばし待たれよ。

Best.4
TURN IT RED - All Time Will Show
turn it red
最近買ったばかりなのですが、一気にランキングに食い込んできましたね。まさにBelvedere Children!!

Best.3
SYMPHONY OF DISTRACTION - Pudwack
symphony of distraction pudwack
今後こっちをメインに活動してもいいんじゃないかと思うくらいの出来栄え。Seven Years Bad Luckに勝るとも劣らない名盤

Best.2
THE DECLINE - I'm Not Gonna Lie To You
the decline im
Classic Endsさんで知って以来虜になり、コンスタントに聴いています。国内で手に入る今一番熱いCDはと聞かれたらこれをプッシュします。

Best.1
TREVOLT - I All Hast
trevolt i all hast
今年一番の衝撃でした。Skumdum直系の哀愁メロディに悶絶した方も多いのでは?ディストロ第一弾という思い入れもあり、ベスト1に選ばせていただきました。


以上、今年の上半期ランキングでした~!

今年初めて聴いたCDを含めるとランキングが変動すると思いますが、Best.3~1まではほぼ不動ですね。

下半期はLastkaj 14と上記3バンドとの接戦になるでしょう。

新たな出会いへの期待を胸に、下半期も充実したメロディックライフを送りたいと思います。

それでは、皆様のランキングも楽しみにしております^^

Category :  distro
tag : 
※完売しました

※ラスト1枚です。

お待たせいたしました。

ただいまよりショップにてKACTTUS/Lado A Ladoの販売を開始いたします。

価格は送料込みで1800円です。

注意書きをお読みの上、ショップからご注文ください。

在庫数5枚以下なので、欲しい方はお早めに!

それでは、よろしくお願いいたします。

Category :  distro
tag : 
kacttus lado a lado

お待たせしました。本日、ブラジルのメロディックハードコアバンドKACTTUSのアルバムが到着しました。

本日20:00ごろよりショップにて販売を開始いたします。

価格は予定通り送料込みで1800円です。

今回も金欠により入荷枚数は5枚以下ですので、狙っている方はお早めにお願いいたします。

それでは、販売開始まで今しばらくお待ちください。

Category :  distro
tag : 
※完売しました

追記:1枚キャンセルが出ましたので、ショップに1枚追加しております。ラスト1枚ですので欲しい方は高速オーダーよろしくお願いします。

お待たせいたしました。

ただいまよりショップにて69 SEGUNDOS/Plan Bの販売を開始いたします。

価格は送料込みで2600円です。

注意書きをお読みの上、ショップからご注文ください。

在庫数5枚以下なので、欲しい方はお早めに!

それでは、よろしくお願いいたします。

Category :  distro
tag : 
IMG_0283.jpg

大変長らくお待たせいたしました。

本日69 SEGUNDOSのPlan Bが到着いたしました。

残念ながらペーパースリーブ+CD-Rですが、バンド自身探すのに苦労したということで、価格がかなり高くなってしまいました。

激レア盤だと思いますので、コレクターの方はこの機会にぜひ。

販売は本日20時ごろから開始予定です。今しばらくお待ちください。


Category :  D
tag : 
IMG_0279.jpg

From カナダ

オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★★★
高速度★★★☆☆
哀愁度★★★★★

カナダの高速アイリッシュパンクバンド、The Dreadnoughtsの2ndです。

今までアイリッシュ/ケルティックパンクはほとんど聴いたことがなかったのですが、先日某SNSでこのバンドを紹介され試聴してみたところ、最近ケルトにハマっていたこともあり一瞬で虜になってしまいました。

フィドルとマンドリンを中心に奏でられるアイリッシュ系メロディーの哀愁感が尋常ではありません。

是が非でもご試聴ください。

試聴可能なHottressとThe West Countryは名曲です。
試聴はこちらから

モヒカンとフィドルのミスマッチ感が最高↓
【PV】The Dreadnoughts - Antarctica

Category :  L
tag : 
IMG_0270.jpg

From スウェーデン

オススメ度★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★☆☆
哀愁度★★★★

今まで試聴せずスルーしていましたが、327さんにいただいたコンピに収録されていた曲を聴いて気になり始め、翌日に運よくヤフオクで発見して即決落札した一枚です。

これ、じわじわキますね。

特筆すべきキラーチューンはないですが、さりげない哀愁感が聴く度に耳に馴染んでいきます。

トータル12分未満であっという間に聴き終わってしまうため、何回もリピートしちゃいます。
癖が少なくてとても聴きやすいですしね。
ちょっと地味なボーカルも好みです。

最近活動再開したようですが、音が派手になり随分垢抜けてきています。メロディもかなりレベルアップしているので新作が楽しみです。

試聴はこちらから
↑試聴できる曲の大半はこのEPの頃と全然雰囲気が違うので、ご注意ください。

Category :  distro
tag : 
kacttus lado a lado  69segundos Infectado Con Ideales Vacios


ショップに掲載していたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ブラジルのメロディックハードコアバンド、KACTTUSのアルバムをディストロします。

代金は送料込みで1800円の予定です。送料がかなり高かったのか、予想以上に高くなってしまい、申し訳ありません。

ちなみに入荷枚数は5枚未満です^^;

到着しましたら販売開始日をお知らせします。今月下旬~来月上旬になると思います。

試聴はこちらから


あと、以前告知した69 SegundosのPlan Bですが、まだ届いていません。バンドメンバー自身この作品を見つけるのに結構手こずったらしく、先日ようやく集まったらしいです。今しばらくお待ちください。

そして、在庫切れだった1stアルバム"Infectado Con Ideales Vacios"を急遽入荷できることになりました!こちらもバンドメンバーが探してくれたのかもしれません。

乞うご期待!

Category :  T
tag : 
IMG_0269.jpg


From イギリス

オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★★
哀愁度★★★★

イギリスの新鋭高速メロディックハードコアバンドTurn It Redの出来立てほやほやの2ndEP。

レコーディングは、Jet Marketのドラム&ボーカルのAlexが所有するスタジオで行われたらしいです。というかAlexスタジオ持っていたとは。

影響を受けた音楽が、Belvedere, Jet Market, Propagandhi, The Johnsons, Lagwagonということで、聴く前から期待せざるを得ませんでしたが、見事に期待通りの内容でした。

全曲通して高速・哀愁を徹底しているので、きっとこのブログを見てくださっている皆さんは大好物だと思います。

2nd EPの時点でもう高速メロディックとしての完成度は充分高いので、これからどのように進化するのか見物ですね。

たぶんメタリックなリフやプログレッシブなアレンジをふんだんに取り入れちゃったりするのでしょうw

このEPは近日Fast Circle Recordsさんがディストロされるようなので、気になる方は、こまめにチェックしてみてください!

試聴はこちらから

【PV】Turn It Red - All Time Will Show - Promo 2009
↓サムネww あ、おい、ハンドルもって運転しろ!w



Category :  L
tag : 
IMG_0257.jpg

From アメリカ

オススメ度★★☆☆☆
メロディの良さ★★★☆☆
高速度★★☆☆☆
哀愁度★★★☆☆

アメリカはカリフォルニア州の三味線バンド、じゃなくて低速メロディックハードコア/ポップパンクバンド。

レーベルはかつてThe Ataris、Bigwig、Useless ID、Blink-182等の大御所メロディック/ポップパンクバンドのCDをリリースしたアメリカのKung-Fu Recordsですが、このバンドは全く話題になりませんね。

ジャケの和風度だけは他の追随を許さないのですが。

しかし、和風なのは表ジャケだけ。歌詞カードの中にはサイの写真がプリントされており、裏ジャケはバンドメンバーのモノクロ写真で、盤面の色は真っ青です。統一性の欠片もございません。

あと着目すべきはタイトル。

"We're huge in Japan"

勘違いも甚だしいと憤りたくなるかもしれませんが、きっと彼らが言いたいことは、身長のことかあるいはち○○の大きさのことでしょう。

まぁ音についても少しだけ触れておきますと、サビが全然盛り上がらない中途半端なメロディの低速メロディックです。おわり。

試聴はこちらから

最後にフォローしておきますが、決して悪くはないです。泣きメロといわれれば、あながち否定はできません。

Category :  B
tag : 
IMG_0256.jpg

From アメリカ

オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★☆☆
高速度★★★★★
哀愁度★★★☆☆

このバンドとの出会いは、数年前にmamoruさんからいただいたコンピの1曲目、Dear God From Me。

当時の私には、この曲は余りにも衝撃的でした。

以来この曲の虜となり、私の高速メロディック史上トップ10に入るほどの再生回数を誇っています。

テンションを上げたいときに、この曲のテンポを1.2~1.3倍にして超高速で聴くことがあります。
これが凄まじい破壊力で、部屋中飛び跳ねたくなる衝動に駆られますが、自重しているかどうかはご想像にお任せします。

そんなわけで、徹頭徹尾高速ドタバタな近所迷惑ご機嫌メロディックをお探しの方、マストです。

昔の日本の安価なB級コンピには、こんな雰囲気のバンドがたくさんいた気がします。

試聴はこちらから

【PV?】Backside- Dear God From Me

Category :  C
tag : 
charles.jpg


From スウェーデン

オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★★★
高速度★★★★
哀愁度★★★★★

未定の327さんに売っていただきました。その節はありがとうございました。

90's melodic hardcoreとTrall punkの雰囲気をここまで上手にブレンドしているバンドはなかなかいないと思います。

第一印象は、

Millencolin + Asta Kask + Adhesive!

どうですかこれ、ヤバイに決まってますよね。

Millencolinのギタリストが在籍していたバンドということで、ギターの音が初期Millencolinにそっくりです。

サウンドのイメージは、数日前に釣り上げて生かしておいた川魚を、泥臭さを抜いてさっぱりさせたあと、秘伝のオリジナルソースで隠し味をつけ、踊り食いしている感じ。

…我ながら意味がわかりません。意訳すると、

Trall punk特有の土臭さを、哀愁感を残したまま取り除き、メタリックなアレンジやスカを取り入れたりしてみたりして、軽快な高速メロディックでまとめた感じ。
哀愁感、土臭さ、明るさ、爽やかさのバランスが抜群ですね。

入手困難だと思いますが、発見したら即買いをおすすめします。

あと、ジャケを見たときMOGELのScreamを思い出しました。レーベルも一緒だしw
これ↓
mogel scream

Charles Hårfagerの
試聴はこちらから①
試聴はこちらから②
試聴はこちらから③

Category :  N
tag : 
IMG_0252.jpg

From スペイン

オススメ度★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★☆☆
哀愁度★★★☆☆

スペイン産メロディックハードコアmeetsポップパンク。こちらは3作目です。

前作までと比較してポップさが増しており、速い曲は半減していますが、メロディはこのアルバムが一番洗練されていますね。

全体的にクオリティが高く、国内盤が出てもおかしくないレベルのアルバムだと思いますが、なぜか流通はよくないですね。このアルバムはヤフオクでたまに見かけますが、前作、特に1作目は全くといっていいほどお目にかかれません。

全曲英語だと思っていたのですが、1曲だけスペイン語の曲が収録されています。
これがヤバイ。言語が変わると曲全体の雰囲気もガラッとかわりますね。
他の曲はメジャーバンドの雰囲気すら漂っているのですが、この一曲に限ってはネチっこい濃厚哀愁メロディックですw

新作の予定があるかどうかは分かりませんが、まだ活動はしているようですね。

試聴はこちらから

【PV】No Children - Addict 前作収録の名曲


Category :  L
tag : 
IMG_0246.jpg


From イタリア

オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★★
哀愁度★★★★

日本でも流通がよく、持っている方も多いであろうイタリア語高速メロディックハードコアバンド、L'INVASIONE DEGLI OMINI VERDIの1st~5thです。

バンド名が全然読めないので先ほど発音を調べ、無理やり日本語表記してみました。下記の通りです。

"ルィンヴァズィオーネ デッリ オミニ ヴェルディ"

実際の発音がこれに近いかどうか定かではありませんが、この発音に至るまで数十分かかったので、皆さんこれでバンド名を覚えちゃってくださいw

さて、中身についてですが、Classic Endさんでもレビューされている通り、メンバーもサウンドも特濃仕立てになっております。

こってり高粘性高速哀愁オイリーメロディックハードコアとでも表現しておきましょうか。

このバンドは音源をリリースするたびにどんどんカッコよくなっているので、まだ聴いたことのない方は1stから順番に聴いていくことをオススメします。1stも十分すぎるくらいカッコイイですが。
全作持っている方は一気にまとめ聴きするのが粋です。

あと、どうでもいいかもしれませんが、アートワークの配色が全作異なっているので、並べるととてもカラフルだということもポイントです。

というわけで、脂っこいのがお好きな方、マストです。
哀愁感をぎっしり詰め込んだ聴き応え抜群のCDをご堪能ください。
ただし梅雨時期に閉め切った部屋で聴かないようご注意ください。体感湿度が倍増します。

試聴はこちらから
↑閲覧数もさることながら、フレンド数もメジャー級ですね。世界的に人気があるのでしょう。

【PV】L'Invasione Degli Omini Verdi - Nel Nome Di Chi? (Official Video)
壮大でカッコイイPVですね~。でもこの曲にこの映像は合っていない気も…w

2010/06/04
JACUZZI FIEND

Category :  J
tag : 
P1000930.jpg

From アメリカ

※Perpetual Dawn EP(写真上)以外の評価です
オススメ度★★★★
メロディの良さ★★★☆☆
高速度★★★★
哀愁度★★★★

1999年に1st"November Mornings, December Nights"、翌年に2nd"Seasons Change"、2004年にEP"Perpetual Dawn"をリリースしているカリフォルニアのメロディックハードコアバンドです。

解散したのかと思っていたところ、どうやら現在ニューアルバム製作中らしいです!

最近オープンしたWebショップで、上記の過去音源を買えるようですが、Paypalのボタンが動作しなかったためバンドにメールを送って売っていただきました。
メールの返信が早く、対応もとても親切で好感が持てるバンドですね。
全てCD-Rなのが残念ですが、ジャケは綺麗に印刷されています。

1stと2ndは切ない高速ナンバーのオンパレードで、若干弱々しいボーカルの声質が物悲しさを助長しています。
間奏が長く1曲が4,5分台の曲も多いですが、その間奏がまた切ないんです。

EPは4曲中3曲は切ないバラードソングですが、これが意外とイイ!!
特に1曲目はイントロのピアノが切なすぎて泣けます。

ピアノはメンバー以外が担当しているのかと思いきや、メンバー構成を確認したところ思いっきりピアノがいますw

ニューアルバムの方向性が気になるところですが、やはり半分くらいは高速ナンバーを収録してほしいですね~。

余談ですが、1stのジャケは一新されています。
オリジナルのジャケを知っている人はその理由は何となく予想できると思いますw
ちなみにそちらは完売とのことです。欲しい!

試聴はこちらから
Web shop

追記:写真のEPに手が写り込んでるから撮りなおそうと思ったら、そういうジャケでしたw

2010/06/03
UNSILENT - s/t

Category :  U
tag : 
unsilent.jpg

From ベラルーシ

オススメ度★★★☆☆
メロディの良さ★★★☆☆
高速度★★★☆☆
哀愁度★★★☆☆

今回ご紹介するバンドは、高速メロディックではありません。広義では当てはまるかもしれませんが。

ベラルーシの叙情的モダンハードコアバンドUnsilentの1stアルバムです。

エモーショナルでテクニカルな低速パートと、絶妙な哀愁感を撒き散らしながら疾走する高速パートを切り替えつつ、それらを叙情的に包括しているハイレベルな楽曲の数々に、胸が熱くなりました。

同郷のFace Forwardもかなり激熱なので興味のある方はチェックしてみてください。

試聴はこちらから

ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。