Melodic Metallic Melancholic

所有音源(主にMelodic Hardcore)のレビューをしています。つたないブログですがCD購入の参考にしていただけたら幸いです。小規模ディストロも始めました。

Home  >  L
Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/06
LINE-UP

Category :  L
tag : 
lineupcover.png line-up becausejpg

From Canada

Favorite ★★★★
Melody ★★★☆☆
Speed ★★★★
Melancholy ★★★★
Aggressive ★★☆☆☆

左:1st EP「Our Mother Say That Are Good!」2010
右:2nd EP「Because Everybody Farts」2011

先日某ブログで紹介されていたケベックのバンド。

暗くて湿っぽいケベックのアンダーグラウンドバンドが好きな方は必聴です。

官能的で開放的な女尻ジャケとは相反してかなり暗いです。

特にボーカルとコーラスはケベックでも随一の暗さ・ダルさを誇っており、一片の高揚感も感じられませんw

メロディの暗さは同郷のFriendry Dorxの方が上ですが、ボーカルの暗さはLine-Upの圧勝ですね。

ちなみにこの2枚のEPはmyspaceで無料ダウンロードできます。CDが欲しいとメールを送ったのですが、国外発送はできないそうです。

myspace

スポンサーサイト
Category :  L
tag : 
IMG_0375.jpg

From スウェーデン

オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★★★
高速度★★★★
哀愁度★★★★★

今年一番楽しみにしていたCDが、七夕にリリースされました!

前作EPよりSKUMDUM色が強いように感じましたが、全体的にTrall度高めです。

やはり3曲目Ingen Bryr Sigは大名曲ですね。鳥肌フル勃起のイントロはもちろん、マイミクのChiiさんやToshiさんがおっしゃるようにベースが感動的で泣けます。

その他の曲も総じて高レベルで間違いなく通り今年のランキング上位に君臨するでしょう。

Bells Onさんの記事によるとロシアンポルカを取り入れているらしく、おそらく7曲目Koks I Lastenのイントロなんかがそうでしょう。ポルカは2拍子でメロディックハードコアに合わせやすいと思うので、ぜひ曲のメインメロディとして大胆に取り入れてほしいですね~。

余談ですが、ロシアンポルカかどうか分かりませんが、おそらくそれ系のロシアンフォークメタルバンドКалевала(読めません)がかっこいいですよ。

ちなみにジャケはどうみてもこれの使いまわしですww↓
asta kask

試聴はこちらから

Category :  L
tag : 
IMG_0270.jpg

From スウェーデン

オススメ度★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★☆☆
哀愁度★★★★

今まで試聴せずスルーしていましたが、327さんにいただいたコンピに収録されていた曲を聴いて気になり始め、翌日に運よくヤフオクで発見して即決落札した一枚です。

これ、じわじわキますね。

特筆すべきキラーチューンはないですが、さりげない哀愁感が聴く度に耳に馴染んでいきます。

トータル12分未満であっという間に聴き終わってしまうため、何回もリピートしちゃいます。
癖が少なくてとても聴きやすいですしね。
ちょっと地味なボーカルも好みです。

最近活動再開したようですが、音が派手になり随分垢抜けてきています。メロディもかなりレベルアップしているので新作が楽しみです。

試聴はこちらから
↑試聴できる曲の大半はこのEPの頃と全然雰囲気が違うので、ご注意ください。

Category :  L
tag : 
IMG_0257.jpg

From アメリカ

オススメ度★★☆☆☆
メロディの良さ★★★☆☆
高速度★★☆☆☆
哀愁度★★★☆☆

アメリカはカリフォルニア州の三味線バンド、じゃなくて低速メロディックハードコア/ポップパンクバンド。

レーベルはかつてThe Ataris、Bigwig、Useless ID、Blink-182等の大御所メロディック/ポップパンクバンドのCDをリリースしたアメリカのKung-Fu Recordsですが、このバンドは全く話題になりませんね。

ジャケの和風度だけは他の追随を許さないのですが。

しかし、和風なのは表ジャケだけ。歌詞カードの中にはサイの写真がプリントされており、裏ジャケはバンドメンバーのモノクロ写真で、盤面の色は真っ青です。統一性の欠片もございません。

あと着目すべきはタイトル。

"We're huge in Japan"

勘違いも甚だしいと憤りたくなるかもしれませんが、きっと彼らが言いたいことは、身長のことかあるいはち○○の大きさのことでしょう。

まぁ音についても少しだけ触れておきますと、サビが全然盛り上がらない中途半端なメロディの低速メロディックです。おわり。

試聴はこちらから

最後にフォローしておきますが、決して悪くはないです。泣きメロといわれれば、あながち否定はできません。

Category :  L
tag : 
IMG_0246.jpg


From イタリア

オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★★
哀愁度★★★★

日本でも流通がよく、持っている方も多いであろうイタリア語高速メロディックハードコアバンド、L'INVASIONE DEGLI OMINI VERDIの1st~5thです。

バンド名が全然読めないので先ほど発音を調べ、無理やり日本語表記してみました。下記の通りです。

"ルィンヴァズィオーネ デッリ オミニ ヴェルディ"

実際の発音がこれに近いかどうか定かではありませんが、この発音に至るまで数十分かかったので、皆さんこれでバンド名を覚えちゃってくださいw

さて、中身についてですが、Classic Endさんでもレビューされている通り、メンバーもサウンドも特濃仕立てになっております。

こってり高粘性高速哀愁オイリーメロディックハードコアとでも表現しておきましょうか。

このバンドは音源をリリースするたびにどんどんカッコよくなっているので、まだ聴いたことのない方は1stから順番に聴いていくことをオススメします。1stも十分すぎるくらいカッコイイですが。
全作持っている方は一気にまとめ聴きするのが粋です。

あと、どうでもいいかもしれませんが、アートワークの配色が全作異なっているので、並べるととてもカラフルだということもポイントです。

というわけで、脂っこいのがお好きな方、マストです。
哀愁感をぎっしり詰め込んだ聴き応え抜群のCDをご堪能ください。
ただし梅雨時期に閉め切った部屋で聴かないようご注意ください。体感湿度が倍増します。

試聴はこちらから
↑閲覧数もさることながら、フレンド数もメジャー級ですね。世界的に人気があるのでしょう。

【PV】L'Invasione Degli Omini Verdi - Nel Nome Di Chi? (Official Video)
壮大でカッコイイPVですね~。でもこの曲にこの映像は合っていない気も…w

Category :  L
tag : 
P1000828.jpg

オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★★
哀愁度★★★★

From イタリア

ようやく手に入れました。
あちこちでレビューされていたり、ヤフオクで'Adhesive,skumdum,passage4,belvedere'とかで検索をかけるとよく出てきたりするので、ご存知の方は多いと思います。
ヤフオクで手に入るうちに高額払ってでも買っておいたほうがいい入手困難音源の一つです。

某VAにも入っている...And I Don't Accept My Condition Limited On Action...は大名曲だと思います。
一度聴いたら忘れない、忘れたくない良メロばかり。
明るいのに哀愁があり、荒いのに心地よく、独特なのに馴染み易い、不思議なCD。そうつまり名盤。

2008/07/26
LAGWAGON - Duh

Category :  L
tag : 
lagwagon duh

オススメ度★★★☆☆
メロディの良さ★★★☆☆
高速度★★★★
哀愁度★★★★

某ヒロトさんのブログで最近2ndアルバムがレビューされていたので、マネして1stを。

私の中で1stといえばガジェット警部。

9曲目のインストが、アニメ"ガジェット警部"のOP「Inspector Gadget」のカバーで、それが強く印象に残ってしまって、他の曲の印象が薄れてしまいました…。

Angry Daysなんかは名曲として有名ですね~。確かにいいです。哀愁です。
Category :  L
tag : 
local.jpg

オススメ度★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★★
哀愁度★★★★

オーストラリア発。ボーカルは先住民族のアボリジニらしいです。

私は、キラキラしてたりイケメンだったり美しかったり華やかだったりするジャケはあまり好きではありません。
しょぼかったりダサかったりキモかったり渋かったり芋かったりするジャケが大好物です。
このとても2008年発売とは思えない土臭い表ジャケにNOFXやStrung outのバンドTを着てるメンバーが写っているいかにもメロディックな裏ジャケがたまりません。

メンバーの着用しているTシャツから予想できますが、やはり音もモロそっち系です。みんな大好き90年代メロディックです。

HMVでも買えるし安めなのでぜひ!

myspace - local resident failure
Category :  L
tag : 
linvasione mondo


オススメ度★★★★★
メロディの良さ★★★★
高速度★★★★
哀愁度★★★★


イタリアン高速メロディックパンクバンドL'INVASIONE DEGLI OMINI VERDIの4thアルバム。

このアルバム、マジでカッコイイです。1曲目のイントロからヤバ臭が漂いまくっていて、この曲はヤバそうだ・・・と思っていたら、予想通り哀愁全開で激ヤバでした。

ちなみにイタリア語で歌っていて、それがまたカッコイイ!

これ以前の音源もどれもカッコイイので哀愁メロディック好きなら全部買っても損はしないと思います。ホントおすすめ!!

myspace - l'invasione degli omini verdi
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。